うまい棒を大量買いしてしまいました

ネットサーフィンをしていて、偶然、楽天市場で、「うまい棒」を販売しているサイトを発見しました。“お祭り問屋の岸ゴム”という玩具問屋さんの通信販売部門が駄菓子を扱っていて、その中に「うまい棒」を発見しました。
値段を見てびっくりしました。なんと、送料無料で、30本で税込み価格259円なのです。税抜きで1本8円ですから、とにかく安いです。思わず30本の大量買いをしてしまいました。私は、チキンカレー味を今回は注文しましたが、安いだけではなく、素朴な味わいがあり、あっという間に全部食べてしまいました。このサイトでは、12種類の味がすべて揃っているので、今度は違う味を順番に注文してみたいと思っています。
私の場合は、口さみしい時のちょっとしたおやつに重宝しましたが、人によって色々な使い方ができると思います。子どものおやつとして常備しておくこともできますし、町内会の行事に使ったりすることもできると思います。

平日と週末、ONとOFFの切り替え方

定年後の夫婦の楽しみだと考えられていた、都会から地方への移住。都会で長年生活してきて老後は地方でのんびり、というのが人気ですが、いま、その流れが若い世代へも移行しているのです。
なんと、2030年には、1千万人を超える程の人気だそうです。

都会と田舎で生活する「二地域居住」2030年には1千万人を超える人気

最近、雑誌やテレビでも多く目にしたり、聞いたりすることが増えた、週末田舎ぐらし。
私も最近、週末を田舎で暮らすという番組を気に入って見ています。
平日は都会で働き、週末は田舎で畑などの農作業をするというライフスタイル。
非常に憧れます。

そんな生活が実際にできるかもしれない、とこの記事を読んで思いました。
都会と田舎で生活する『二地域住居』
気になっているかたはぜひ読んでみてください。

足のしもやけに悩まされる季節

私は冬になると、よくしもやけで悩まされます。

特に辛いのが、足の指のしもやけ。
お風呂から上がって、ちゃんと体を拭いたつもりでも、
ついつい足の間の水分を取る事を忘れてしまうんですよね。

そして、そのまま靴下を履いて寝てしまうんですよ。
当然、蒸れる訳ですね。

気が付けば、翌朝、足の指が真っ赤に腫れて、痒くて仕方がない状態になります。
そうなったら、しばらくは大変です。

とろあえず痒み止め用の薬を塗りたくるのですが、
薬のヒリヒリ感と、足の痒みが混ざり合って、何とも言えない気持ち悪さです。
これが治るまで数日掛かります。
その間はずっと裸足なので、足の冷えとも戦わないといけません。もう最悪です。

そして治ったと思ったら、また最初に戻って無限ループ状態です。

小さい頃はよく親に、「お風呂から上がったら、ちゃんと体を拭きなさい」と言われていたんですが、今になってその事がよく分かってきましたよ。